「山に暮らす」カテゴリーアーカイブ

引越顛末記5

■膨大な荷物と無謀なスケジュール

最終的に引越屋さんが見積もった荷物の量は・・・なんと9トン!!
生活道具が3分の1、仕事の荷物が3分の2といったところかな。住宅というより、完全に事務所の引っ越しである。それにしても、これを約2週間で荷造りしてしまおうなんて、あまりにも無謀すぎる!(後から考えても、ヒドイ計画だと思う。(;^_^A)
そんなとんでもないスケジュールになってしまったのは、8月27〜28日に東京で開催されるイベントに出展するため。新居の方は8月中旬からの契約になっ たので、なんとか8月中に引っ越ししたいところ。(でないと、9月は新旧両方の家賃を払う羽目になってしまう。)しかし、東京のイベントが終わって帰って きたら、残り2日しかないのだ。
それは無理だろうということで、スケジュールを前倒しに。体力回復とイベントへの準備期間が欲しいので、せめて東京行きの1週間ぐらい前には終わらせたいところ。というわけで、引越屋さんとも相談の結果、16日と19日の2日間に決定。

8 月1日、引越屋さんから50枚ほどの段ボールをもらい、早速荷造り開始。当然、段ボール50枚なんかではとうてい足りません。営業マンのお兄さんには 200枚はいるでしょうと言われました。それだけの荷物を造らんとアカンのね。(-_-;)もう仕事なんてしてられませんっ。とにかくこの日から荷造り、 荷造り、荷造りの日々。

まずは服の整理から。何年も着ていないのに捨てられずにいる服を一気に処分!半分ぐらい捨てただろうか。靴も鞄も本もとにかく捨てる捨てる捨てる!・・・いや〜、いらないモノがいっぱいあるとは思ってたけど、こんなにあったとはねぇ。びっくり。(f^^)
でも・・・それでも「荷物が減った」とはとても言えない。そうした処分品も見越しての9トンなのだ。ふぇ〜ん。ホンマに引越できるんかいな・・・(;>_<;)

来る日も来る日も朝から晩まで箱を作り、荷物を詰めて、クタクタになり、5日もすれば飽きてきて・・・。でも、これさえすればあそこに住める、あの場所に住めるんだと思って何とか頑張ったのだ。(ってそんな大げさな。)
そういえば、春頃から体力をつけないとと思い立ち、運動を始めたのもこの為だったのかなぁ。

そんなこんなで、夢にまで出てきた荷造りもやっと先が見えてきた頃、いよいよ私達の手元に新しい家の鍵が届いたのです。

引越顛末記4

■引越業界って大変なのね

引越と言えば・・・そう、引越屋さんを探さなければ。
10年前引っ越してきた時はガランとしていた部屋が、今は仕事の荷物が目一杯詰まって、3LDKどの部屋も満杯状態である。引越費用、一体いくらかかるんだろう・・・めちゃ不安。
なんとか安く済ませたいと、まずはインターネットで見積依頼をした。

24時間以内に数社から返事があった。が、見積内容はバラバラ。
実際に荷物を見て見積もりたいと、直接電話してきたところと、メールの返事内容等から良さそうなところをピックアップして、訪問見積をお願いした。そして、7月も終わりという30〜31日の2日間、見積合戦が始まったのだ。

まずはネットでの見積依頼に対して真っ先に電話してきたA社。
営業マンは、自分が一番乗りであることになぜかとても喜んでいた。(それってそんなに重要な事なのか?)
一通り荷物を見て計算を始め、定価ベースの金額を提示。(金額はなんとなく予想していた通り。)
で、交渉開始。
「全然ムリやわ」というダンナに「え?そうですか。ご予算の方は?」と営業マン。
「○○ぐらい」
「えーー・・・ちょっと厳しいですねー」
と言いつつ電卓をたたき始める。
「ちょっと上司に相談します。」
と携帯電話でやり取りした後、
「うーーん、では、今即決していただけるなら、このお値段で・・・」
っておいっ、出来んのかよ!?ってか、即決ならって条件は何???
「この値段が高いか安いかもわかれへんのに、即決なんかできへんわ。比較してみんとわかれへんやん。」
「はぁ、そうですね・・・」
「即決は出来へんから、置いて帰れる値段を置いてって。」とダンナ。
またしばらく携帯でどうのこうの話をしていたが、結局のところ、即決価格より少し高い金額を置いて帰っていった。

他 社もだいたい同様のやり取りだった。一つ気になるのは、皆が皆、他にどこの会社が見積に来ているかを執拗に聞いてくることだ。それから自社の特徴をうたう のに、やたらと他社のデータを出してくること。聞いているとちょっとウンザリしてくる。それほどに競争が激しい業界なのかな・・・。

しかし、、最後に来た営業マンは気持ちが良かった。
「これが定価です。○○割引が○○%。××割引が××%。△△割引が△△%で、お見積金額はこれになります。」
と、非常にあっさり、他社が最終的に出したような金額を最初から提示してきたのだ。
この人営業が上手いのか。いやはや何ともスパッと気持ちの良いやり方だ。
おまけに「これだけの荷物だと、荷造りした箱の置き場に困るでしょうから、2回に分けて引っ越しされてはどうでしょう?」と他社ではなかった提案をしてくれた。なんと引越費用は変わらないという。
はっきり言って不安だったんだよね。1回で全部運んでしまえるのかとか、全部荷造りして上手く置くところを確保できるのかとか。でもこの提案のおかげで肩の荷が下りたような気がした。
話の内容も、マニュアル通りではなく、相手を見て話をしている感じがしたし、なかなか機転の利く人という感じだった。でもそれって、営業マンとしては当然のことのような気がするんだけど・・・。
一応、後で返事しますということで帰って貰ったが、ダンナと話し合って意見が一致、その日の内にその会社にお願いした。

結局のところ、金額も一番安くなっちゃったんだよね〜♪\(^O^)/
翌日、早速荷造り用の段ボールを持ってきて貰い、いよいよ本格的に引っ越し準備に入ったのです。

ママさん初めてのお泊まり

ママさん初めてのお泊まり。
私が山の上に引っ越したと言ってたので、一体どんなところかとちょっと心配していたらしい。
来てみてビックリ&安心したみたい。(^_^;)
最後には「別荘が出来たみたい。また来るわ。」とお気に入りのよう。
やっぱウッドデッキでのブランチが効いたみたい。(#^.^#)

引越顛末記3

■心は既に・・・

果たして私達はここに住めるのだろうか?もう既にこの家の虜である。いやいや、こんな場所がこの家 賃でというと、何かとんでもない秘密があるのかもしれない。冷静になってきちんと確認しなければ・・・。と、いろいろと聞いてみたところ、いくつか条件 (オーナーの事情がいろいろとあるらしい)があり、その為に借り手がなかなかつかないようだ。とりあえず、事件や事故はなかったようで一安心。ホッ

ならば!借りる方向で考えましょう!
最初は「それはあり得ないでしょ。」と思ったオーナーの条件だったが、よく考えてみれば、私達にとっては別に大したことでもなく、気にしなきゃぁいいん じゃない?程度のものだとわかった。それよりも、この景色、このスペースを、こ〜んな値段で借りられるのなら、「ラッキー♪」である。要は考え方一つ。そ れでとんでもない環境が手に入るのだっ♪

さて、向こうに事情があるなら、こちらにも事情はある。こちらの事情も汲んでくれませんか〜とお願いしやすくもなるのよね。ってわけで、すぐさま契約の交渉に入ったが、仲介の不動産会社が2件(こちら側とオーナー側)入っているので、話のやり取りに時間がかかる。

返 事を待つ間、私達は何度となく現地に足を運んだ。家から車で30分程の所だから、気軽に行ける距離である。なんたって、心はもうその場所に住み始めてし まっているのだ。(^^ゞ 行く度にスーパーや本屋、レンタルビデオ屋(これ必須!)、郵便局や銀行の場所などをチェック、チェック、チェ〜ック!インテ リアはこんなの?あんなの?とか、頭の中はもう次の家の事で一杯だ。

そうこうしているうちに、不動産会社からOKの返事がきた。こちらのお願いを100%のんでくれる、これまた信じられない結果に。\(^O^)/ これでウソのようなホントの引越がいよいよ始まるのだ。

引越顛末記2

■ホ、ホントにあった\(◎o◎)/!

翌日、早速ネットで検索していたら
「ん?これは何だ???」
表示された図面にはやたらにデカいウッドデッキが!!
「これは絶対何かあるで!よっぽど景色がいいか何かやわ。間違いないって!」
と、ちょっと興奮気味に物件の詳細を調べてみた。その住所は、昔建築の仕事をしていた頃、住宅建築でよく耳にした地名だった。
「これすごいいいとこやで!」
ダンナにそう言うと、彼はすぐさま受話器を手に持ち、その連絡先に電話した。

物 件がまだあるかどうかもわからないし、まぁダメもとでって感じで思っていたが、なんとその日すぐ案内してもらえることになった。物件の前で不動産屋さんと 待ち合わせした私達は、ものすごい坂を登って、登って、まだ登るか!?ってほど登って行って・・・やっと現地に辿り着いた。

案内のお姉さんが「こちらです」と手を出したその先には・・・家がありませんっ。駐車場しか見えないんですけどぉ・・・。(;^_^A
訳がわからず呆然としていると、「さぁどうぞどうぞ」とお姉さんはその駐車場をずんずん奥に入っていった。とにかくついていくと、その奥には下に降りてい く階段がある。長い間放置状態のようで、階段には落ち葉がいっぱい。カサコソと落ち葉を踏み踏み降りていくと・・・そ、そこには!思いもかけなかった光景 がっ!
す、すっごーーーーーーい!(○_○)

やたらと坂を登ってきたことだけはある。大阪の街が一望できるこの借景!スゴすぎる!!
それだけではない。玄関を入るとすぐに広いリビング。その外には例のウッドデッキ♪
うっうっうっうわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜こ、こんなのアリですか???
山の斜面にある景色の良い家に住めたらいいなぁなんて、随分前から思ってました。
庭の木の下にテーブルを置いてブランチしたい。なんて夢も描いてました。
だけど、そんなのまだまだ夢の話だよねぇなんて思っていたのに、ここに住めば一気に夢が叶ってしまうではないですか!!
少々古い(築30年弱)とはいえ、ここまですごいところを今と変わらぬお家賃でホントに借りれるのですかぁ???

突然舞い込んできたチャンスに、その日の夜は興奮し過ぎて一睡も出来ず。(^_^;それが2004年7月9日のことでした。

引越顛末記1

10年ぶりに引っ越しをした。
引越が決まってから2週間で荷造りという荒技(?)も想像を絶するが、それ以上にすごかったのが新しい我が家。

そんな引越顛末記をぼちぼち書いてみます。

■必要に迫られて・・・

1年程前から引越を考えていた。
仕事の関係で、とにかく部屋が手狭になってしまい、身動きがとれない状態なのだから、広いところへ引っ越すしかないのだ。
そこで、引越先の条件を考えると・・・
・いつかは大型のヨットで海外へ行きたいという夢(今のところ夢にすぎないが・・・夢は大きいほどいいのだ!)があるので、出来れば海に近いところ。
・ダンナが毎月東京へ行くので、新幹線or空港に近いところ。(これ現実)
・外に作業場が欲しいので、マンションではなく一戸建てで、広くて安く借りれるところ。(これ必須!)
・仕事の関係上、オーディオの音をある程度出せるところ。
絶対条件としてはこんなところかな。
さぁどの辺りに住もうか・・・と地図を広げて思いついた(?)のが相生の手前、御津町というところ。インターネットで調べてみると、「すっごい綺麗なとこ ろじゃんっ!」ってことで、行ってみたのが去年のこと。いくつか不動産屋さんにもあたってみたが、その地域は極端に物件が少ないらしい。本当に良いところ なので、人が動かないんだね。そこからちょっと戻って姫路の方の物件を見に連れて行ってもらったが、わざわざ行ったにもかかわらず、なんと!カギが足らな くて(玄関に2つカギがついていた)中を見ることが出来なかった。(まぁ結局縁がなかったのね。)

も う一度考え直そうってことで、しばらく物件探しはしていなかった。が、今年の6月になって、急に思い立ったように物件探しを始めた。今度はもう少し近くの 明石周辺をあたってみようと行ってみたが、どうもピンとこなかった。で、結局のところ、もしかしたらもっと近場でも安くていい物件があるかもしれないと、 近所の不動産屋さんに行ってみた。

そうすると、「なんだ、こっちの方が条件に合いそうなところあるやん。」ってなことに。(^^ゞ
その時見せてもらったものは、悪くはないが決定するまでに至らず。でも、理想的な物件はきっと探せばあるんだと感じたので、インターネットで直接探してみることにした。

かたつむり爆睡中!?

ここに越してきて、びっくりすることはいろいろあるが、その一つはかたつむり。
何年ぶり、いや何十年ぶりか?前に見たのはいつだったのか、もう覚えてないぐらい遠い昔。
ここへ来るまで、その存在すら忘れていたよ。
子供の頃はよく見たのになぁ。
ここには街の生活の中で、忘れていたモノがいろいろある。
若い時は街がおもちゃ箱みたいで面白かったけど、今は自然の中が面白い。
え?歳のせい?・・・言うな!

荷造り、荷造り、また荷造り

出来るだけモノを捨てて荷物を減らそうと
片づけながら荷造りしている。
しかし、元々めいっぱい部屋にモノが詰まってるので
出たゴミを捨てないことには、荷造りした箱の
置き場所がない。T(;_;)Tオテアゲェー
思ったより仕事がはかどらないんだなぁ。
ホントに間に合うんだろうか・・・。

イメージが膨らみすぎて・・・

引っ越し先の家へ、部屋の採寸と
クーラー取り付け位置の確認に行った。

ん?こんな広さだっけ?もっと広かったような・・・

なんだか頭の中でイメージが膨らみすぎて、
サイズも膨らんでいたようだ。(^^ゞ
やっと現実に戻ってきた感じ。
まぁでも、面積は今の倍なんだから、実際広いんだけど。
聞いてみると、ダンナも同様だったよう。
夫婦揃って興奮し過ぎですわ。(^_^;
それにしても、人間の脳ってのはホント面白いもんだ。

引っ越し決定!

来月引っ越しすることに。\(^O^)/
前々から、こういう家に住みたいなぁと思っていた、
そんな家が突然見つかってビックリ。
思えば叶うもんだ。
面積は今のところの2倍、おまけに広い庭。
それより何より景色がバツグン♪
それが今と変わらない家賃で借りられるなら、
なんとしても行かにゃならんでしょ。

昨日、今日と、引っ越し屋さん数軒に
見積もりに来てもらった。
普通の二人家族の3倍の荷物だそうで。(^_^;
まぁ、二人の生活道具とダンナの仕事、プラス
私の仕事の荷物だから、1家庭と2事務所分って
ことで、計算は合ってるか。
今からの荷造りを考えると・・・失神寸前です。(@_@)