「映画・ドラマ・エンタメ」カテゴリーアーカイブ

キューブリックはフォトグラファーだった

スタンリー・キューブリックは映画監督になる前、フォトグラファーだったとか。
それで納得。

キューブリックの映画が特に好きなわけではないけど、
動画なのに、静止画みたいに計算された構図が
他の映画とは違うと感じていたのだ。

★鬼才映画監督・スタンリー・キューブリックが撮影したシカゴの街並みの画像32枚
http://dailynewsagency.com/2012/06/13/chicago-1949-by-stanley-kubrick-gn4/

「ドラゴン・タトゥの女」

ドラゴン・タトゥの女女の子のキャラはすごく気に入ったんだけど・・・

映画としての評価が・・・し難いなぁ。(^_^;)
文句はないんだけど、完成度高いと思うんだけど、
とにかくお話が酷すぎて、好きな映画とは言えない。
実際、途中で気持ち悪くなったとこもあるし。

人種差別、性差別、虐待、その他もろもろ詰め込まれてて、訴えたいことが一杯あるのは伝わってくるんだけど、私的にはちょっとキツかったかも。
夜中、うなされたぐらいだから。(^_^;)

夢の内容は覚えてないけど、とにかく息苦しくて、ウーン、ウーン 唸ってた。
で、ふと目が覚めたら
黒猫ガルちゃんが心配そうに私を覗き込んでた。

・・・なんだか幸せ(*^_^*)

「大丈夫よ」と言って再び眠りに落ちたのでした。

世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶

映画『映画『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』を見てきた。
3万2千年前の壁画らしい。
まさに「芸術家」の作品だと思った。
影をつけて立体的な表現をしていたり、
4本足の動物なのに、8本の足を描いて躍動感を表現していたり・・・

世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶

このショーヴェ洞窟は許可された研究者しか入れないらしい。
それも限られた期間、決められた時間、決められた範囲以外立入禁止。
ラスコー洞窟では一般公開されたがために、人の息で壁にカビが生え、閉鎖されたらしい。
保存の為、フランスの洞窟壁画は一般に公開されることはないだろう。
と考えると、かなり貴重な映像だ。

映画「グラン・トリノ」

グラン・トリノクリント・イーストウッドの監督作品『グラン・トリノ』。
ロードショーで見たのだけど、この間CSでやってるのをダンナが見てたので、途中からだけど鑑賞。

最後はやっぱり涙が・・・(T_T)
エンディングで流れるジェイミー・カラムの声が、また沁みてくるのよねぇ。

クリント・イーストウッドの監督作品『パーフェクト・ワールド』にしても『スペース・カウボーイ』にしても、最後に死んじゃっても、その死が全然嫌じゃないの。(あっ、ネタバレ。ごめん。)
もちろん死ぬのは悲しいんだけど、心のどこかに暖かいものが残る。こういう描き方って、他の映画では見たことないなぁっていつも思う。彼の死生観が表現されてるんだろうな。

元気が出るCDシリーズ(?)

The Dutchessファーギーの『The Dutchess』。

本人曰く、「ごちゃ混ぜ」音楽というとおり、いろんな要素がいーーーっぱい入っていて、聴いてて飽きない。
すごくパワーがあるし、声のコントロールが上手くて、いろんなファーギーが飛び出してくる感じ。
ヒップホップはめちゃ楽しいし、スローな曲もジンときちゃう。

で、なんと言ってもDVD付きがオススメ!!!

私はあまりPVって見ないんだけど、ファーギーのは絶対面白いやろな〜と思ってDVD付き(6曲+メイキング1曲)を購入。これが大正解♪

いつもセクシーさを前面に出しているけど、媚びてないところがすごくいいっ♪
セクシーでパワフルでキュート!
でも何と言っても、本人が歌が大好きでホントに楽しんでいるって感じが伝わってくるから、こっちも元気がもらえるんだろな。

元気が出るCD

今日は何だか朝から気持ちがどよ〜んとしてる・・・
何をするにも気分がしんどい。(-_-;)
ストレス溜まってるかなぁ・・・
いろいろ考え過ぎなのかもしれない。

いやいや、そんなドンヨリしててもしゃーないし。
ここは久しぶりにアレを聴きますか!

Monkey Business (the Black Eyed Peas)

the Black Eyed Peas の
『Monkey Business』

1曲目の『Pump it』で、曲に合わせてクラップすれば早くも目覚めた感じ!

マジ、気合い入るわ、これ。

CD: Corinne Bailey Rae

Corinne Bailey Raeたまたま見つけた『Corinne Bailey Rae』。数年前のアルバムで、世界的にヒットしたらしい。知らなかった。(^_^;
でも『Put Your Records On』を聴いて、「あっ!アメアイ(アメリカンアイドル)でミーガンが歌ってた曲だ!」とすぐに気づいた。すごく印象に残っていた曲だもの。
で、早速購入。

なんとも声が良い〜(*^_^*)
優しくて、ちょっと幼い感じがあって、癒し系。
雰囲気もすごく良くて、もうお気に入り♪
私が買ったのは2枚組で、2枚目にはいろんな曲をカバーしたのが入っている。その中にビヨークの『ビーナス アズ ア ボーイ』があるんだけど、全然違う雰囲気で面白い。

今日、最近発売した新譜もポチッとしちゃったよ。

シルクドゥソレイユ「ZED」

東京ディズニーリゾートにシルクドゥソレイユの専用シアターが出来た。
シルクドゥソレイユは、2006年、ラスベガスで「オー」を見て感動!!!
わざわざラスベガスまで見に行く価値有り!と思った。
それが日本に出来たなら、当然行くしかないでしょっ!
それも日本だけの演目。ここでしか見られないんだもん。

6月に公式サイトからプレミアビューチケットを購入。
席はなんと!2列めのド真ん中!!!

いざ会場に行ってみると・・・
客席とステージの間は人が通れるくらいと超近い!
おまけにステージの高さが案外低いので
出演者とバチバチ目が合って恥ずかしいぐらいです。
ってか、ほとんど自分がステージに入り込んじゃっているような感覚。
ステージを「見た」というより「体験した」という感じ。
綱渡り(とは言わないんだよね(^_^;)なんて、怖すぎて泣きそうだったし。
マジ圧倒されっぱなしでした。すごいです!!

ステージ全体を見るには少し後ろの席の方がいいけど、
プレミアビュー席の体験も絶対オススメ!

個人的には「オー」の方が幻想的で好きだけど
「ZED」も期待を裏切らないステージでした。
シルクドゥソレイユはやっぱすごいっす。

>>> ZEDのオフィシャルサイト