「オープンカーのある生活」カテゴリーアーカイブ

シトロエン・プルリエル

ほぼ1年ぶりの更新。
ここまでサボってると、復帰するには結構大きなきっかけがいる。(^_^;
で、何があったかと言うと・・・我が家に新しいクルマがきたのです!
(私のではなくてダンナのですが・・・)

新しいといっても、いつものごとく中古車ですが(^_^;、
走行距離5,000kmということなので、新中古に近いです。

じゃ〜〜〜ん♪

めちゃかわいくてオシャレです。(*^_^*)

そして、2台目のBMW

動かなくなってしまったBMWくんは、とにかく、いつも車の修理をお願いしているアウトヴェークさんにお願いして連れて行ってもらった。
やはり・・・ダメですね。とのこと。
車両保険を掛けていたので、保険会社とのやり取りと次の車探しをお願いした。(中古車販売もされているので。)

同じタイプで、出来れば・・・ 無理とは思うけど・・・ もしあれば・・・

ぜひ赤シートを!

お願いします。・・・と。

──まぁ、絶対数が少ないですからねぇ。あまり期待はしないで下さいね。──

ハイ、重々承知しております。m(__)m

そ・し・て・・・

一週間ほどで連絡が。

──業者のオークションで出ましたよ!どうします?──

落としてくださいっ!!!!!!


こ、こ、こんなことってある〜?
なんともスムーズに見つかってしまった!

そして、めでたく納車の日となりました。

まさしく執念の赤シートです。(^_^;

それだけでなく、この車、メチャクチャ調子が良いのです。
前のBMWくんはちょっと重い感じ(レスポンス良くなかったみたい)だったのですが、この車は軽快に走るし、ハンドリングもすんごく良くて、思い通りに動いてくれます。
よく来てくれたね、私の元へ。ヨシヨシ。ヽ(^^

す、水没・・・

忘れもしない2007年10月4日の夜。
夕方から急に雨が降り出し、夜にかけ雨足はだんだん強まった。
ダンナはどうしようもなく眠いから寝ると言って、6時頃からベッドで寝ていたのだが、夜10時過ぎて起きてきたかと思うと、突然「ビデオ返してくる」と雨の中出て行った。
なんかヘンなの〜 とは思ったが、声をかける間もなくとっとと行ってしまった。

うちの駐車場は縦に2台入れる形で、いちいち車を入れ替えるのは邪魔くさい。
で、普段は表側に駐車してる車を使うようにしている。
この日は私のBMWが表側にあったので、ダンナはそれに乗って行ったのである。

しばらくして、電話がかかってきた。

ダンナ:「波がきて車止まった!」
ワタシ:「えっ?」

・・・一体どこを走っているんだ???

ワタシ:「どこにおんの?」
ダンナ:「○○グラウンドの横」

・・・川の水があふれたか!?

ダンナ:「水かぶって動けへんからレッカーよんで」
ワタシ:「え?動けへん?(かなり動揺)」
ダンナ:「とにかく保険屋に電話して」
ワタシ:「え、えっと、え、あ、うん」

状況がつかめん!さっぱりわからん!
とりあえず、水かぶって動かなくなったってことと、ロードサービスを依頼して、後はダンナの携帯に連絡してもらうよう保険会社に伝えた。

・・・

動けへん?動けへんってことは・・・水かぶったってことは・・・
もう動けへんってこと???
車がパァってこと〜???

まだ手に入れて1年半も経ってないぞー。
ウソやーーー 気に入ってたのに〜(;>_<;)

どーしよ。どーしよ。
ったって、どーしようもないやん。

えーーーーーーー
何すんねん!(-.-#)

あ、いや、怒ったって・・・
私がダンナのポルシェを壊すってこともあるかもしれんし。
怒ったらアカン、怒ったらアカン。

そ、そやけどーーーーーーー(;>_<;)

えーーーいっ!しやっ!
もうこうなったら、もっとイイ車がくるんや!
それしかないっ!!!

でも、あれ気に入ってたのに、もっとイイ車ったって・・・
憧れのBMW、やっと手に入れたのに、1年半じゃ短すぎる。
っつうことは、次もBMWか。
やっぱ3シリーズのカブリオレがいいしなぁ。
じゃぁ、もっとイイっていうのは・・・Mスポーツ?

はっ!赤シートだーーーーーー

そうだ!ミニカー持ってたぞ。

・・・と、棚に置いていたBMWの赤シートを目の前にデーーーンと置いた!
(実はそう思い込んでいたが、内装は赤だけどシートは黒だったことに後で気付く)

私を救ったミニカー

これでようやく気持ちが落ち着いた。

当事者の話はこちらで

ETCデビュー

BMWにはETCがついてきた。
今までETC車載器は持っていなかったのに、なぜかETCカードは持ってるんだよねぇ。(^_^;
話せば長いこと・・・でもないけど、邪魔くさいので省略。
とにかく新品のETCカードが放置状態だったのだ。
使ったことがないので、果たしてこれを車載器に挿入すればすぐに使えるのかどうかもわからない。仕組みがいまいちわかっていない。何か別に登録とかいるのだろうか?と調べてみたけどわからない。
でも一応、財布には入れておいた。

そして今日、初めて高速に乗ることになった。
果たして無事に料金所を通れるのだろうか。
とっても不安だったので、ETC専用レーンではなく、ETC/一般レーンを通って試してみることにした。
もし不都合があっても、今日は一人じゃない、ダンナが一緒だし何とか乗り越えられるぞ。(何を・・・)
しかし、そんなに道が混んでるわけでもないのに、なぜかこのレーンは5〜6台列んでいる。
ETC専用レーンはもちろんスースーだ。
ETCをつけていながら、とっても馬鹿なことをしているのだろうが・・・専用レーンで通れなかったらもっと恥ずかしいじゃんっ!
何とか我慢して待って、いよいよ通過の時。
料金所のおじさんはじっと見ている。
「通過」の信号が出た。
やった!使えた!\\(^O^)/

とってもお馬鹿なETCデビューだったが、えへへ、もうこれで大丈夫。(#^.^#)

改めて・・・

雨があがった。早速オープンにして走ってみる。
タイヤがツルッツル状態なので、交換するまで慎重に運転しなければ。(^_^;

まずはボディの剛性感にびっくり!めちゃ堅っ!!
前マイカーであるオペルのアストラカブリオは、チューニング前のノーマルの状態だとホントに柔で・・・
走っていてボディのねじれも感じたし、とにかく「ピキッ」「パキッ」って音が常にあちこちで鳴っていた。(Ge3チューニング後はそれもすっかり無くなったけど)
それに比べて(比べたらあかんのか・・・)BMWはノーマルでこの剛性。
ビシバシに補強してあるんですね。やっぱ高いだけのことはありますわ。

でも、幌を閉めて走ると屋根の方で音がするので、やはりボディのねじれはあるんだなぁと・・・。
これはチューニングの余地あり。( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ\\r

それにしても、アストラはもう10年近く経つのに絶好調!
ボディもビシバシ、性能も文句なし!
はっきり言って、(こんなこと言っても誰も信じないだろうけど)ノーマルのBMWより良い状態で、改めてGe3チューンのすごさを実感。σ(^◇^;)

(・・・え?んで、なんで乗り換えたのって?
大人の事情(?)により、嫁入りさせることになったのです。はい。)

フルチューンのアストラに感動すると同時に、ノーマルでこの状態っつうのはさすがBMW!とこれまた感動♪
アストラに乗ってて、こんな風だったら便利なのになぁと思っていた機能もあれこれついてるし〜♪ まぁなかったらなかったですむものではあるんだけど・・・やっぱゴージャスだよね。ふふっ(#^.^#)
さぁチューンしていくと一体どんな車になっちゃうんだろう。期待大!!!o(^o^)o

念願のBMW♪

BMW 330Ci 納車!!
2002年式 走行距離4万km。
もちろん!カブリオ〜レ♪\\(^O^)/
カロッツェリアのHDDナビ付き。(それもタッチパネル♪)
おまけにETCも付いている。(もう至れり尽くせりやん)
なんだか・・・思っていたより高級車感が強くって、
ちょっとビビリ気味!?(おいおい)

なぜにBMWか。
自分でもはっきりとした理由はわからないんだけど、以前からあのブタ鼻を見ると「ひょえー、かっちょええー」と反応してしまうのである。
思い当たることと言えば、昔「ビバリーヒルズ高校白書」というアメリカのTVドラマの中で、ケリーちゃんなる金髪の女の子が乗っていたのがBMWの赤いカブリオレ。(言っとくけど、高校生だぜー)
そういえば、あのドラマのイントロの中にBMWの鼻のアップがあったような。
それが記憶にすり込まれてしまったのかも・・・単純やなぁ。(^_^;

それにしても、わが家の納車日は雨と決まっているのだろうか。
ダンナのポルシェの時も雨だったし、その前のベンツの時も雨だった。(ベンツの時は、ワイパーの妙な動きにビックリした.。ooO(゜ペ/)/ということがあったので、よく覚えている。)
というわけで、納車初日に幌を開けることは出来ないのであった。グスン

オープンカーは実用的じゃない!?

オープンカーといえば趣味の車であって実用的ではないと思っている人は多いだろう。オープンカー乗りでさえ、そう思っている人もいるかもしれない。
確かにオープンカーのほとんどは2シータだし、そうなれば2人しか乗れない。しかしだからと言って、「2シータ=実用車じゃない」とは言い切れない。確か に3人以上は乗れないが、それだけの人数を乗せることがほとんどないなら何の問題もないのだ。要するに、実用的か否か、それはオーナーの使い方に合ってい るかどうか、それだけだ。

私 の場合、車を購入する時にこれは絶対したい!ということがあった。オープンでキャンプに行くことだ。毎年夏に1〜2度、串本(和歌山)の海に遊びに行っ て、望楼の芝生(潮岬の先に広〜い芝生があり、その端にキャンプ場がある。本州最南端。)でキャンプする。それまではダンナのワゴンで行っていたが、オー プンカーを買うなら絶対これにはオープンで行きたい!そう思い、キャンプ道具を積められそうなオープンカーを探した。

キャンプにも行けるオープンカー。とりあえず、大きな目的はそれぐらいだったが、これがなかなか役に立つ。
パソコンがドドッと売れていた頃、日本橋(大阪の巨大電気店街)のあちこちで、購入したモニタを積めずに困っている(シートに置こうにもドアから入らな い。トランクにも入らない。)セダンをよく見かけた。でもオープンなら、17や19インチのモニタなんてなんのこたぁない。幌を下ろせば積み降ろしも楽 々。高さ170cmのCDラックだって運んだし、もちろんキャンプ道具一式&シュノーケル道具一式も見事に収まった。
※昔、ダンナはユーノスロードスターで畳大の板を運んだとか・・・。ツワモノだ。σ(^◇^;)

実用性というのは、どれだけ物を運べるかということではもちろんないけれど、私にとっては1つの重要な要素。それを満たしてくれる車を見つけられてラッキーだった。

「オープンカーには憧れるけど、実用的じゃないから」と初めから諦めているアナタ、自分に合ったモノを探してみては?きっと人生、もっと楽しくなるよ。

アストラ購入顛末記(2)

それから1週間ほど経った頃か。営業マンから電話がかかってきた。
「ありました!」
—えっ、うそっ!そんな。まさか。どうしよー\\(°o°;)/—
「ぜひ一度ご覧になって下さい。」
「あ、はい。伺います。」

まさか、こんなに早く見つかるとは・・・。
わたし「車、見つかったって。f^_^;」
ダンナ「えっ、マジ!?(°m°;) 」
わたし「うん。どうしよう。(;^_^A アセアセ…」
ダンナ「まぁ、気に入るかどうかわかれへんし。一回見に行ってみようや。(^_^;)」

数日後、再び足を運ぶと・・・ジャジャーーン!目の前に真っ黒のオープンカーがっ!
うっ、思ったよりいいかも。なかなかカッコイイじゃん。
いやいや安易に決めてしまってはいけない。じっくり見なくちゃ。
登録から2年、走行距離は1万kmちょっと。特に傷はなし。幌もしっかりした感じ。シートもかっちりしててなかなか良さそう。なんとなく運転もしやすそうだなぁ。あ、CDチェンジャーもついてる。トランクもかなり広いし、これならキャンプも大丈夫そう。
もちろん試乗もさせてもらった。うん、やっぱり運転しやすいね。
かなり気に入った!が、中古とはいえ車。安い買い物ではないので、とりあえず即決せず、少し考えさせてもらうことに。(心はほとんど決まっていたけどね。(^_^;))

その帰り道・・・
ダンナ「ベルトーネのマーク入ってるやん。」
わたし「へっ?ベルトーネって何?」
ダンナ「フェラーリのデザインとかしてるところ」
わたし「えっ、うそ!?ホンマ?」
ダンナ「ちょっとカッコよすぎるんちゃう?」(プチ・ジェラシー!?)
わたし「えーなんでよ。ええやん。」
と、この一言が私の背中を押すことに。σ(^◇^;)
ハンコ片手に再びヤナセを訪れたのは数日後のことでした。

アストラ購入顛末記(1)

なんとなく「車持ってもいいかなぁ」という気持ちになると、それがたとえまだ「夢」であっても、車への要求が具体的になってくる。とにかく決めているのは オープンであること。そして初めてオープンカーを探してみると、いかにもスポーツカー!というものが多いことに気づく(当たり前かもしれないけど (^_^;)。

う〜ん、でもねぇ、私、別にスポーツカーに乗りたいわけじゃないんだ。そんな車乗るほど運転上手くないし、上手くないからそんな車乗るの恥ずかしい。もっ と普通っぽい(?)方がいいなぁ。出来ればオープンでキャンプとか海とか行きたいから、ある程度荷物は積めなきゃやだし。2人乗っても、ぽんと荷物が置け る後部座席も欲しいなぁ。布シートだと埃っぽくなっちゃうから、やっぱシートは皮よねぇ。・・・とまぁ、考え出すときりがないんだけど。σ(^◇^;)

そんな贅沢な(?)条件を満たしつつ、購入可能な価格のオープンカーははたして存在するのか。手当たり次第にショールームをまわること数ヶ月。条件を満たす車としては・・・ゴルフカブリオあたりかな。でも皮シートはないらしい。う〜ん。なかなか難しいなぁ。

そんなある日、オペルにもオープンカーがあると知り、ヤナセに行ってみた。(ほとんどヒヤカシではあるが・・・(^_^;))話を聞くと、もう生産は終 わっていて、次に出る予定もわからないとのこと。在庫を調べて1台だけ残っていたものの皮シートではなかったので却下。営業マンにはさんざんサーブを勧め られたが、そんな高いの買えないよぉ。
とりあえずサーブはお断りして、中古のものがあるかどうか“一応”探してもらうことに。

絶対条件として

  • オープンであること
  • 屋根の開閉は電動であること
  • 4人乗りであること
  • シートは皮であること

と、言いたい放題言ってみた。(^_^;) まぁ、そんな簡単には見つからないよね、と思いながら・・・。

どうしてオープンカー?

オープンカーに初めて乗った(乗せてもらった)のは1990年のこと、車はユーノスロードスターだった。オープンで走る、それも街なか。初めは ちょっと恥ずかしかったけど、走り出した時の爽快感といったら・・・も、もう、た〜まりましぇ〜ん!!髪(かなり気にする方だった)が乱れようが、人の視 線にさらされようが、そんなこともうどうでもよくなっちゃう。何ものにも代え難い、この気持ちよさは何?これがオープンカーというものか・・・それはかな り衝撃的な体験だった。

その時はバリバリのペーパードライバーだったので、自分が車を所有するなんてことは全く頭になかった。が、再び運転が出来るようになり、いつかは自分の車 も持とうかなという気持ちになったとき、私の頭に浮かんだのは「オープンカー」。どのメーカーとかどの車とか、はっきりしたものはなかったが、とにかく 「オープンカー」。それ以外は全く考えられなかった。自分でも気づかないうちに、オープンカーフリークの道を歩んでいた(!?)ということか。恐るべし オープンマジック!

オープンカーに興味ある人もない人も、一度は乗ってみるべきだと思う。ってかねー、あの気持ちよさを知らないなんて不幸だよ。えっ、言い過ぎ?いやいや、あれは体験してみなくちゃわからないもの。自分が持つかどうかは別にして、一度試してみる価値はあるでしょ。