「クルマ」カテゴリーアーカイブ

まだ先があったか・・・超結界5個使い

超結界禁断の超結界3個使い」・・・あれから3年。
まさかそれ以上の世界が体感できるとは思ってなかった。

そりゃぁ5個使ったら凄くなるんだろうけど、
その変化って、もう私が感じられる領域じゃぁないでしょ。
と、(今思えば)勝手に決めつけていた。(^_^;

ところがどっこい!
ある日、
掲示板に衝撃の投稿が!

な、な、なんですと?
誰も試したことのない超結界5個使いを
なんとユーザさんがやっちまっただと???
それも、1個→3個の変化よりも、3個→5個の変化の方が大きいと!

Ge3ユーザは強者揃いだとは思っていたけど
まさか5個使いを実践する人が現れるとは思いもしなかった。
あーーーーやられちゃいましたね。
先を越されて、かたじけない・・・
いや、Ge3って以前からこういうパターンですわ。ハハハ・・・

まぁとにかく・・・やるしかないでしょっ!
というわけで、堂々とスタッフ特権行使!
風呂敷に包まれた超結界2個をクルマに持ち込み、まずはいつもの3個状態でスタート。
山を降り、郵便局で用事を済ませ、クルマに戻って、さぁいよいよ!
風呂敷をとり、お目覚めの挨拶。パシッ よろしくね♪

エンジンをかけ、動きだそうとした瞬間、最初の衝撃。

すっっっっっっごい剛性!!!!!
いや、大げさじゃなく、マジッ!この違い凄すぎる!!!
これってまるで・・・  新車やん♪

次の目的地までは、川沿いの緩やかなカーブが続く道。

なんというか・・・スムーズ・・・というか・・・
ハンドルから手を離しても、勝手にコントロールしてくれるんじゃないかと
思ってしまうぐらい、クルマが自然にカーブを曲がっていく。
自分はハンドルに手を添えてるだけって感じ。

そして、帰りに坂道を上がると・・・

なんだか馬力が上がったみたいに感じる。
90度曲がってすぐ急な坂の所で、違いがよくわかる。
いつもは「うんしょ」って入るところなのに
今日は知らん顔で「すぃーん」と上っていく。

あ、こ、これは・・・このまま走りに行きたいっ
あ、でも1人で行くのは気が引けるし・・・

とりあえず帰宅。
ダンナに報告。
「・・・すっごいねん」
「そら走りに行こ!」
成功(^^)v

ふたたび・・・オープンにしてGO!
向かうは六甲山。

オープンにするとエンジン音がよく聞こえる。
いつもよりエンジンの音がずっと低い。全然違う。
Mスポーツってこんなんじゃないのかな?
まるで違うクルマみたい。

安定感も剛性も抜群。
レスポンスも前からすごく良かったけど、
今まで以上に良くなってる。
そのせいか、カーブに入るときの恐怖感がない。
いや、なかったらアカンと思うけど。
たぶん、前は、無駄な緊張があったんじゃないかと思う。
良い意味で、肩の力を抜いて運転できてる気がする。

久しぶりの六甲ドライブで、メチャいい気持ち♪
ダンナも「これって新車やんなぁ」と、同じ事言ってる。

・・・はっ、そう言えば!

クルマは10年を越え、ゴム関係の部品が劣化してくる頃だ。
今年に入って、足回りにそれを感じていて・・・
一応見積もりはしてもらったけど、急を要することではないし、
なによりお金がないので我慢の子だった。
が! 足回りがかなりシャッキリしてる!
いやいや、これならまだもーちょっといけますよ!
交換までストレスなく楽しめそう♪

というわけで・・・結論。
10年選手のクルマが新車になってしまう。おまけに楽しい♪
超結界5個使いは・・・やって損はない!
(ってか、やらなきゃソンソン♪)

※注:効果の実感には個人差があります。たぶん。m(__)m

ガソリンタンクのフタが開かな〜い(>o<)

そろそろガソリン入れとこっかな、とセルフのスタンドへ。
ピッ ピッ ピッ・・・と、ハイオク満タンの設定。
いざ、タンクのフタを開けよう、開け、開け・・・開かな〜〜〜い!

え?なに?どーして?

あ、そーいえば・・・
この間から、キーをロックする時に、この辺りからクィーンって妙な音がしてたんだよね。

これだったのか!!( ̄0 ̄)

見てもらわないといけないかなぁと思ってはいたけど・・・放置してた。(^_^;
ガ、ガソリン入れられない・・・どうしよ。
と、とにかく安平@アウトウェークさんに電話しよ。

 

状況を説明すると、トランクを開けてその付近のヒモを引っ張るようにとの指示。

ヒモ、ヒモ、ヒモ・・・
トランク内側の壁に丸いボタンみたいのがあって、何か絵が書いてある。これか?
引っ張ってみると・・・おぉっ ヒモがついてる。
さらに引っ張ると・・・やった!フタがパカッと開いた。\\(^O^)/

どうしても埃が溜まりやすい所なので、ロックが壊れてしまうのはよくあることらしい。
あまり頻繁に発生するようならまた連絡下さいとのこと。

気になってた音も、これで一安心。(^◇^;)

「地球独楽・弐」と「地鎮」の同時使用はやめましょう

ようやく地球独楽が「地球独楽・弐」として正式発売に!\\(^O^)/

地球独楽・弐いや〜 長かったなぁ。
初期型の試作から結局5年ぐらい経ったんじゃないかな。(^_^;
なかなか製品化出来なかった一番の理由は・・・
重量がある為、事故等、万が一の時の安全性を考えると、クルマにしっかり固定する事が必要になる。でもそうなると、施工を業者に頼まなければならない。

もっと簡単に施工できるモノができないだろうか・・・

と・・・5年の月日が流れたとさ。(^◇^;)

まぁでも、待った甲斐がありました!!

「えっ?これで効くの?」
というぐらい、小型で超軽量のモノが出来たのだ。
これならペタッと貼り付けるだけでOK。
もちろん(邪魔くさがりで不器用な)私にも施工できる。 (^_^)V

iPhoneと地球独楽・弐「そやけど・・・そんな軽くて効くん?」
というのが素朴な疑問。きっと誰でもそう思うはず。σ(^◇^;)
ましてや、鉄板2枚使っていた初期型「地球独楽」が、いくら小型軽量化に成功したって言ったって、2個合わせてもiPhoneより小さい&軽いなんて・・・ありえないよねぇ。

「一体どういうことなん?」

ダンナ曰く「不要な振動を無くして、運転しやすくする、乗り心地を良くするっていう目的は一緒やねんけど、アプローチの仕方が違うねん。
前のは振動を抑える方向に働いててんけど、今度のは抑えへんねん。振動の周波数を変えて感じへんようにすんねん。だから重量がいらん。」

「ふ〜ん。アプローチが違うということは、一緒に使わん方がええってこと?」

ダンナ「そやな。邪魔するかもな。」


前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。σ(^◇^;)


なんやーーー 私のクルマには両方ともついてるやん!
(初期型「地球独楽」はないけど、その元になった「地鎮」がついているぞ。)

「地鎮」外そ!

早速「地鎮」を降ろして、お買い物へGO!

ん?なんか軽い。
鉄板ったって、15cm角の1.5kgぐらいのモノですよ。
それを1個降ろしたからって、乗車してすぐ軽いなんて感じるかな?
やっぱ、実際、重量以上の働きをしてたってことなんかな。

走り出すと、クルマもだけど、ハンドリングも軽い。
で、5分程走ると・・・

突然、びたーーーっと地面にへばりつきだした!

おぉっ!これが「地球独楽・弐」の真の力か!すごいぞ!!

カーブなんて、ものすごく軽快に、安定して曲がれる。
(トーゼン、今までもそうやってんけど、比べものになれへんぐらいスゴなってる!)

キャー めっちゃ気持ちイイっ♪

と、ルンルン気分で西宮ガーデンズに到着。
ここの駐車場って、床がキュルキュルうるさいんだよね。

え?キュルキュル鳴らないよ!?なんで?

まるで地面に吸い付いて走ってるみたいやったけど・・・マジで吸い付いてるん?


だけど、9ヶ月も前に取り付けておきながら、今になって真価がわかったとは・・・情けない。
ってか、早く教えてよね!(>ダンナ)

とにかく・・・結論、「地鎮」と「地球独楽・弐」の同時使用はもったいない!

シトロエン・プルリエル

ほぼ1年ぶりの更新。
ここまでサボってると、復帰するには結構大きなきっかけがいる。(^_^;
で、何があったかと言うと・・・我が家に新しいクルマがきたのです!
(私のではなくてダンナのですが・・・)

新しいといっても、いつものごとく中古車ですが(^_^;、
走行距離5,000kmということなので、新中古に近いです。

じゃ〜〜〜ん♪

めちゃかわいくてオシャレです。(*^_^*)

「地球独楽・弐」プロトタイプ装着

初期型の試作から製品化まで随分時間が経ってしまいましたが、ようやく製品化直前!
小型化に成功したプロトタイプの実験です。\\(^O^)/

なるべく堅いところ、鉄板のところに貼るのが良いということで、以下2カ所に1個ずつ装着。

▼エンジンルーム:タイヤ上の鉄板部に粘着力の強い両面テープで貼り付け、さらに上から繊維入りテープで固定。

▼トランクルーム:非常用タイヤ横の鉄板部に上記同様両面テープで貼り付け、上から繊維入りテープで固定。

では走ってみよ〜。

うんうん、初期型地球独楽の時みたいにボディの下に丈夫な鉄板が入ったみたい。
堅〜い鉄板の上に乗ってる感じ。

ってか、堅い鉄板の空飛ぶ絨毯に乗ってるような感じ。(どんなんや?)
スーッと滑るように走るのだ。
何とも不思議な乗り心地。

「空飛ぶ絨毯」や「滑る」なんて表現すると不安定なのかと思われるかもしれないけど、安定感はすごいです。だって絨毯じゃなくて鉄板だもん。あ、じゃぁ「空飛ぶ鉄板」か。
(余計危なそう・・・(^_^;)

とにかく、ボディをすんごい丈夫な鉄板の上に載せたように剛性感が驚くほどアップする。
その分、足回りが弱いクルマだと余計にそれが気になってくると思うので、その時は足回りにProjectQを塗るとGood!タイヤにQもねっ!(うわーい、すっごい宣伝モード(^_^;)

禁断の(!?)超結界3個使い!

超結界結界棒」よりもずっと使い方が簡単になった「超結界」が出来て早半年が過ぎた。
「結界棒」を発売した時は、正直売れなくて元々と思っていた(^_^;けど、効果をわかってくださる方が続々購入して下さって、気づくと結構な数が出ていて、嬉しい驚き!
だって、効果がわかっても、購入に至るにはやっぱり・・・(いろいろな意味で)ハードル高いと思うんですよねぇ。
でも、使って効果を実感すると手放せなくなるのは事実。だって私がそうだも〜ん。
同じように感じて、運転を楽しんでいる人がいっぱいいるんだって思うと、またまた楽しさ倍増です♪

・・・と、前置きが長くなってしまった。本題本題・・・(^^ゞ

今日は久しぶりの東京までの長距離ドライブ。
たまたまデモから戻ってきた「超結界」があったので、「思い切って3個使いの実験や!」とダンナ。

私:ん?なんで2個じゃなくて3個なん?
ダンナ:Ge3グッズの複数個使いは、どうやら偶数よりも奇数個使いの方が効果が高いねん。
私:ふ〜ん

などと話ながら、高速道路へ入った。
ぐぃーーーん と加速。

え?え? な、なんか違う!全然違う!!
こんな加速感、今まで感じたことないっ!
まるで未来のクルマに乗ってるみたい!?
もしかして、リニアモーターカーってこんな感じかな?

安定感とか静寂感とか、そんなこともうとっくに飛び越えてしまってます。( ・_・;)
路面はしっかりと感じてるのに、わずかに浮き上がって走ってるんじゃないかと思うぐらい静か。
どんどん加速していく時の風を切る感じがしなくて、逆に押し出されてるかと思うぐらい。
不思議です。いや〜・・・不思議です。どうしましょ。

私:こ、こんな3個使いなんて、みんなに言ったら怒れへん?いくら買わすねん!って。
ダンナ:う〜ん (‥ゞポリポリ ・・・でもスゴイな!
私:うん!!!

というわけで、禁断の超結界3個使いは恐ろしいほどの効果を発揮したのでした。
もちろん、この3個はもう降ろしません。ってか降ろせませんっ!

・・・・・・・

この2日後、東京でダンナを捨て いや 降ろして、一人で神戸まで運転。
単独での長距離運転は初めてで、帰り着けるか心配だったけど、超結界3個のせいか、全く疲れ知らずでルンルンで帰宅。それどころか、家に着くのがもったいない、もうちょっと運転したいぐらいの気持ち。
でも、ネコが待ってるから・・・と自分に言い聞かせて何とか帰ったという感じです。(^_^;
恐るべし、超・・・もうええか。。。

そして、2台目のBMW

動かなくなってしまったBMWくんは、とにかく、いつも車の修理をお願いしているアウトヴェークさんにお願いして連れて行ってもらった。
やはり・・・ダメですね。とのこと。
車両保険を掛けていたので、保険会社とのやり取りと次の車探しをお願いした。(中古車販売もされているので。)

同じタイプで、出来れば・・・ 無理とは思うけど・・・ もしあれば・・・

ぜひ赤シートを!

お願いします。・・・と。

──まぁ、絶対数が少ないですからねぇ。あまり期待はしないで下さいね。──

ハイ、重々承知しております。m(__)m

そ・し・て・・・

一週間ほどで連絡が。

──業者のオークションで出ましたよ!どうします?──

落としてくださいっ!!!!!!


こ、こ、こんなことってある〜?
なんともスムーズに見つかってしまった!

そして、めでたく納車の日となりました。

まさしく執念の赤シートです。(^_^;

それだけでなく、この車、メチャクチャ調子が良いのです。
前のBMWくんはちょっと重い感じ(レスポンス良くなかったみたい)だったのですが、この車は軽快に走るし、ハンドリングもすんごく良くて、思い通りに動いてくれます。
よく来てくれたね、私の元へ。ヨシヨシ。ヽ(^^

す、水没・・・

忘れもしない2007年10月4日の夜。
夕方から急に雨が降り出し、夜にかけ雨足はだんだん強まった。
ダンナはどうしようもなく眠いから寝ると言って、6時頃からベッドで寝ていたのだが、夜10時過ぎて起きてきたかと思うと、突然「ビデオ返してくる」と雨の中出て行った。
なんかヘンなの〜 とは思ったが、声をかける間もなくとっとと行ってしまった。

うちの駐車場は縦に2台入れる形で、いちいち車を入れ替えるのは邪魔くさい。
で、普段は表側に駐車してる車を使うようにしている。
この日は私のBMWが表側にあったので、ダンナはそれに乗って行ったのである。

しばらくして、電話がかかってきた。

ダンナ:「波がきて車止まった!」
ワタシ:「えっ?」

・・・一体どこを走っているんだ???

ワタシ:「どこにおんの?」
ダンナ:「○○グラウンドの横」

・・・川の水があふれたか!?

ダンナ:「水かぶって動けへんからレッカーよんで」
ワタシ:「え?動けへん?(かなり動揺)」
ダンナ:「とにかく保険屋に電話して」
ワタシ:「え、えっと、え、あ、うん」

状況がつかめん!さっぱりわからん!
とりあえず、水かぶって動かなくなったってことと、ロードサービスを依頼して、後はダンナの携帯に連絡してもらうよう保険会社に伝えた。

・・・

動けへん?動けへんってことは・・・水かぶったってことは・・・
もう動けへんってこと???
車がパァってこと〜???

まだ手に入れて1年半も経ってないぞー。
ウソやーーー 気に入ってたのに〜(;>_<;)

どーしよ。どーしよ。
ったって、どーしようもないやん。

えーーーーーーー
何すんねん!(-.-#)

あ、いや、怒ったって・・・
私がダンナのポルシェを壊すってこともあるかもしれんし。
怒ったらアカン、怒ったらアカン。

そ、そやけどーーーーーーー(;>_<;)

えーーーいっ!しやっ!
もうこうなったら、もっとイイ車がくるんや!
それしかないっ!!!

でも、あれ気に入ってたのに、もっとイイ車ったって・・・
憧れのBMW、やっと手に入れたのに、1年半じゃ短すぎる。
っつうことは、次もBMWか。
やっぱ3シリーズのカブリオレがいいしなぁ。
じゃぁ、もっとイイっていうのは・・・Mスポーツ?

はっ!赤シートだーーーーーー

そうだ!ミニカー持ってたぞ。

・・・と、棚に置いていたBMWの赤シートを目の前にデーーーンと置いた!
(実はそう思い込んでいたが、内装は赤だけどシートは黒だったことに後で気付く)

私を救ったミニカー

これでようやく気持ちが落ち着いた。

当事者の話はこちらで

「地鎮」設置

念願のBMW。だけど・・・ちょっと運転し難いんだよね。
私の腕が無いからかなぁと思っていたんだけど、そうではなかったみたい(いや、そうではないとは言えないけど(^_^;)。

何が難しいかというと、カーブなんかでハンドルを切って、戻すときにどうしても遅れてしまうのだ。タイミングが合わない。前に乗っていたアストラは、ハンドル操作に対して、思うように動いてくれて、運転がすごく楽だったのに。

何とかならないかとダンナに相談。
で、「地鎮(チシズメ)」を設置することにした。設置といっても、助手席のカーペットの下に置いただけ。

走ってみると・・・

スーッと滑るようにスムーズに走る。

そして、明らかに操作性が良くなった!!
いや、断然!良くなった!!!

クルマが思うように動いてくれるようになったのだ。
これで山道の運転もバタバタ焦ってハンドル切らなくてもよくなったぞ。\\(^O^)/